本日 101 人 - 昨日 177 人 - 累計 211046 人

調査・提案・フォーラム

  1. HOME >
  2. 調査・提案・フォーラム
【これまでの活動】


1996年■歴史調査:幸市民館自主企画「新鶴見操車場の昔と今」で操車場建設による市民生活への影響について調査を
 行いスライド作成 PDF29
■それをもとに「夢プランフォーラム」を開催
1997年■フォーラム開催:幸市民館自主企画「農あるまちづくり」
1998年■川崎市グラウンドワーク事業(暫定利用)に応募し、「農あるまちづくり花壇」を実習地としながら、
 農=緑環境を通じてコミュニティーの再生や自然との共生をテーマに活動
1999年■幸区のまちの課題を分析し、地区カルテを作成 PDF33
■「地震被害想定に対する川崎市の対策」―災害時における新鶴見操車場の役割―学習会
  講師:川崎市防災対策室・被害想定策定委員長
■「ドイツ操車場跡地(シュツットガルト)」の環境共生型まちづくり」調査
■「田園と都市の共生」学習会開催―千葉ニュータウンでの「里山の自然」を通じた活動調査
2000年■「第1回森づくりフォーラム」開催:
 地区カルテ(まちの課題)の共有化とどんな森にしたいかワークショップを行う PDF41
  基調講演「ふるさとの木によるふるさとの森づくり」
  講師:宮脇昭氏(国際生態学センター研究所長)
■「パークパートナー制度」学習会開催―NPOと行政による環境教育としての公園運営
2001年■「第2回森づくりフォーラム」開催:第1回を受け、市民構想提案を公表し、行政もパネラに参加し議論 PDF40
■第2回フォーラムでの市民意見を反映させ「幸せの森」市民構想提案書を作成し、市長に提出
■「幸せの森」市民整備構想の作成、市長へ提案 PDF34
2002年■「農のあるまちづくり」提案に向けて実践
2003年■「農のあるまちづくり」提案に向けて実践
2004年■「農のあるまちづくり」提案に向けて、アグリガーデン(体験農園)の企画・実践 
■「まちづくりサロン」を開催し、イギリスのシティファーム(操車場跡地)運営を聞く
■操車場跡地の歴史を活かしたまちづくり実行委員会を立上げ、他団体とコラボで検討
■「新鶴見操車場跡地の活用を考えるフォーラム」開催
■新鶴見操車場跡地に「自然と共生する都市」をつくる提案
2005年■「農のあるまちづくり」提案に向けて、アグリガーデン(体験農園)の企画・実践
2006年■フォーラム開催:テーマ「持続可能な社会環境をつくる“都市にこそ「農」の空間が必要”」 PDF8
■「農のあるまちづくり」提案に向けて、アグリガーデン(体験農園)の企画・実践
2007年■「農のあるまちづくり」提案に向けて、アグリガーデン(体験農園)の企画・実践
2008年■「農のあるまちづくり」提案に向けて、アグリガーデン(体験農園)の企画・実践
■新川崎森づくり検討会を立ち上げ、跡地全体の緑の質を高め(生物多様性)、緑の回遊性・統一性のある
 パブリックスペースとなるよう、E・F地区の事業者へ働きかけを行う
■「“いのちの森”づくり」事業の植樹先を探すため、水源地域のNPO活動のヒヤリングを行う
2009年■“まちなか農園”が地域のセーフティネットとしてどのような役割を果たしたのか、その意義について
 検証を行う PDF37
■5年間の当法人や市民団体のアグリガーデン実践活動が評価され、暫定利用から恒久化へとつながった 
■フォーラム開催:テーマ「どうなる??新しいまち『新川崎』~街路環境と緑と防災のまちづくり~」 PDF13
■シンポジウム開催:
 テーマ「都市と水源の森をつなごう!」~いのちを見つめ・いのちを育み・いのちを繋ぐ~
■森づくりの価値認識を高める「植物生態系調査」第1回を実施し、報告書を行政に提出 PDF48
■第61回全国植樹祭 2010かながわ 県民提案事業等の募集に、ドングリ育てたい「いのち(水源)の森づくり」
 事業提案書を提出
2011年■植樹先「新川崎ふれあい公園」の植生調査、植樹後の生態系の変化と教育的効果について検証を行う
■定期的に「緑の質」を評価する「植物生態系調査」第2回を実施 PDF2
 「夢ひろば」は順調に成長し、次第に林の姿を整え、現在は高木、低木、草木の三層構造ですが、やがて
 亜高木が形成されて四層構造へと発達するとの調査報告書を行政に提出。何もなかった都市の空間にドン
 グリで森ができることの共有化を図る
■「過密都市内の森づくり(幸区のケース)」学習会を開催(さいわい夢ひろば友の会と共催)
 豊かな森になるための各層のバランスや樹林構成種の割合、夢ひろばの好適種と不敵種、森林を取り巻く
 草原の重要性について学び、今後の跡地での森づくり、維持管理の方向性を確認


TOPページへ