本日 96 人 - 昨日 177 人 - 累計 211041 人

木を使い"森"を育てる

  1. HOME >
  2. 木を使い"森"を育てる
【めざすこと】
私たちは水源の森と都市をつなぎ、「木を使うことは森を守ること」をキーワードにさまざまな活動をしています。


木を使い"水源の森"を育てる
        間伐などの手入れが不足した森は光が届かず暗く、木もやせて荒れ果てています。
        森の衰退は水の枯渇につながり、生態系が失われています。
        自然豊かな森を取り戻すために私たちが森に積極的にかかわり、
        水源の森を使うことが森を元気にします。

森づくり循環図

【活動】


水源の森と都市をつなぎ、「木を使うことは森を守ること」を広報啓発し、利用促進を図る取組をしています。

■森側の方たちと 伐採や 森の探検 森で遊ぶ

画像画像画像画像


■水源の森の団体とコラボして、木材や間伐材の紹介 販売

画像画像画像画像


■森側の関係者と「水源の木で"マンションリフォーム"」見学会を開催・実施

画像画像画像画像




実例データ
2009-06-04 14.42.50-2 →木を使った住まいの実例データ




「” 森の香り”がするマンションリフォーム」見学会
“水源の森の木”を使うことで、暮らす人も“森”も元気になります。
国産の無垢の木や自然素材などをたくさん使い、森の恵みを活かした
マンションリフォームの見学会を随時開催しています。
関心のある方は、お気軽にお問い合わせください。
 NPO法人幸まちづくり研究会
   TEL:044-567-0396
   Mail:s.machiken@rainbow.plala.or.jp

TOPページへ